バンビバンビ.jpg
              
高額報酬に自信あり。あなたの目で確かめて下さい。 コムズ リンクスタッフ

2011年03月18日

もっと神戸の体験を

「なんで神戸の経験を活かせのやろう、活かされへんのやろう」
今、そんな思いで歯がゆい。

何日か前のTVで、被災地の町長が「お皿が足りない、使い捨てのお皿がほしい」というようなことをいっていたのを聞いて唖然とした。なんで、ラップを使うという知恵が、おそらく地震防災対策強化地域(または防災対策強化地域)であろう地域の町の長が知らないのか。

それから後手後手に回る政府の対策のまずさ。大震災の後どうなるかというのは、阪神淡路大震災の時の体験記などにいろいろと書いてあるはずだ。

僕らの体験が全く伝わっていない。いい方は悪いが、対岸の火事と思われていたのではないだろうか・・・

避難生活は、長期にわたるだろう。僕は幸い避難せずにすんだが、避難生活の今後、どんな問題が起き、何が必要か、どうすればいいのか、知恵や工夫が体験者はたくさんもっている。
今僕らは義援金しかできないが、ぜひ、そういう知恵・ノウハウをこそ、活かしてほしい。

先が分かれば先手が打てる。そろそろ先手を打つ政策を期待したい。

被災者の方のご無事と避難生活されている方の健康を祈ります。

様々な情報については、以下で整理されていますのでご参照ください。

東北地方太平洋沖地震 負けるな!日本




それにしても、原発が心配でならない・・・



posted by みゅーじい at 10:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当にそう思います。
阪神淡路のときは大阪にいましたから・・
あの時の凄まじさを覚えています。
あれから・・人はどれだけ賢くなれたのかなぁ〜・・・・・
なのに、同じ事が起こっている。
政府の対応も、マスコミの対応も少しも進歩していないのが一番の不安ですね。

でも、頑張るんですよね〜日本人は!
Posted by ムクムク at 2011年03月23日 09:53
私もそう思います。

支援物資に必要な物の項目に「ラップ」がないのはなぜだろう?と思っていました。

阪神淡路の震災が起きた前日まで神戸にいたので
その後の様子を食いいるように見聞きしていました。

そこで得た知恵を、今こそ使うべきですね。
Posted by あぐり at 2011年03月25日 11:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。